2019年1月

2019年1月 · 2019/01/31
母親は子どもに「好き嫌いせずに食べなさい」と言います。 好き嫌いがないほうが健康に良いという親心ですね。 日本ではあまり意識しないことですが、宗教的な食べ物の制限や文化的な伝統による食習慣をもつ人が周囲にいることも海外在住の家庭の子どもたちには日常です。...

2019年1月 · 2019/01/25
海外に拠点を持つ企業は、グローバル人材を必要とします。日本の学生のグローバルコンピテンシーを高めるために、新学習指導要領では小学校英語が教科化され、センター試験に代わる「大学入学共通テスト」では、英語は民間資格試験が導入されます。...

2019年1月 · 2019/01/20
大学入試における小論文のテーマは、高校生が簡単に答えを出せるようなものはありません。しかし、生徒たちの議論は、毎回、白熱します。 自分自身の意見を持っているからこそ「賛成」「反対」が明確になります。...

2019年1月 · 2019/01/15
15年ほど前のことですが、中学入試の国語の読解問題で圧倒的に多かったのが重松清の作品です。中でも「さかあがりの神様」は、いくつもの中学校の入試問題になっていました。初めて自力でさかあがりができた場面の描写が出題箇所になることが多かったように思います。・・・ 主人公の真一は赤ん坊のころに父親を亡くして、父親の記憶もなく育ちました。...

2019年1月 · 2019/01/10
テレビでスポーツを観ていると、選手が独り言を言っている場面をよく見ます。 感情をコントロールすることが、パフォーマンスを左右するメンタルスキルだということがわかります。 プラス思考に「変えよう」と思うだけで簡単に変えられるものではないでしょうし、ストレスやプレッシャーに負けてしまう人の方が多いように思います。...

2019年1月 · 2019/01/04
映像授業は、拡張可能です。その強みを活かして大きなビジネスにできます。 しかし、ライブ授業は、拡張不可能です。 私たちは、子どもたちの表情から「小さなYes」を読み取りながら、双方向性の高い授業に努め、不完全な理解をでき得る限り、見逃すことのないように授業に取り組んでいます。 これは、映像授業ではできないことです。...

2019年1月 · 2019/01/01
新年明けましておめでとうございます。 教育改革は来年2020年から本格化します。 日本では平成元年に生まれた人たちが働き盛りを迎え、そして元号が改まります。 教育改革の影響を受ける今の子どもたちは、22世紀まで生きて、そしてこの子たちの次の世代が、22世紀を創っていきます。...